シャンティに3人旅

シャンティとちびっ子2人の旅日記です。

東京へ

12月6日

早めに起きて、玄米おにぎりをいっぱい作りました。

 ご近所のkcyとmcyに空港に送ってもらって、子ども達のお父さんも見送りに来て、出発しました。

飛行機の中では、塗り絵とお絵描き。

那覇で乗り換えて、成田空港へ。

f:id:saori12y551:20161209133425j:image

 

f:id:saori12y551:20161209133449j:image

 

成田空港から東京への電車は、ややこしかったです。

京成線とJR線があって、なんだかよく分からないまま京成線の窓口へ。

30分台で東京に着くライナーは、大人料金が3千円ほどで、70分かかる電車なら1050円。

長女も子ども料金がかかるので、かなりの金額の差になるなぁと考えてたら、窓口のお姉さんが、「今なら発車時間的に、着く時刻が20分ほどしか変わらない」と教えてくれたので、安い方で行くことにしました。

 

電車の中では、隣に座ったおばさまに励ましてもらいました。

子ども達と私のバックパックに付けていた桃林寺のお守りに「石垣島桃林寺」って書いてあるので、どこから来たのか分かってくれて、お話をしました。

 

久しぶりに乗った山の内線は、やっぱり便利ですごかったです。

次女が、「なんでぴったりのとこに止まれるの?」って不思議がっていたように、運転士さん達はすごいですね。

iphoneで調べた乗り継ぎ検索通りに、乗り換えもできて、予定通りに着くのです。日本人は、本当にすごいです。

ドアの上の電光掲示板に、次の駅の名前が出たり、開くドアがどこかを示したりしてくれるので分かりやすくて、日本のサービス精神はすごいなあと改めて関心しました。

 

高田馬場駅で、私の妹夫婦と待ち合わせしました。

妹は妊婦さんで、お腹がだいぶ大きくなっていて、赤ちゃんが好きな子ども達も嬉しそう。

 

ハンバーグ屋さんで晩ごはんをした後、私達が予約していたairbnbのマンションの部屋に。

コンパクトな東京都心の生活を体験できる部屋でした。

小さな空間に、必要なものがちゃんとありました。

 

4日前に7歳になった長女のために、妹夫婦がサプライズケーキ!

 

ほのぼの仲良し夫婦のあったかい空気の中で、私達3人もほんわかしました。

 

大きなベッドがありましたが、床に敷いてあったフワフワマットを気に入った次女は、「この上で寝る〜♪」と横になりだしたので、彼女は持ってきたシュラフを出して寝ることにしました。

 

東京都心のマンションで、シュラフで寝るとは!

やっぱり次女は、おもろい子です。

広告を非表示にする