読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンティに3人旅

シャンティとちびっ子2人の旅日記です。

メキシコシティへ

12月8日

2時間のフライトでメキシコシティのベニートフアレス国際空港に着いたのは、現地時間19時半。

 

石垣島出発前にメキシコ料理店を経営する友人に教えてもらった通りに、まず見つけた両替所で持っているアメリカドルをメキシコペソに替えて、チケット制のタクシーの窓口で行き先を言ってチケットを買いました。

滞在先のairbnbの住所を見せると、チケットを買う時も、運転手とのやり取りもスムーズでした。

 

f:id:saori12y551:20161213134625j:image 

 

airbnbのオーナーさんには、飛行機の到着時刻と大体9時ごろにairbnbに着くはずだと伝えてあって、「タクシーに乗ったら向かっているということを連絡するように」と言われていたのですが、Wi-Fiがないと自分のiPhoneが使えないことを忘れていました。

この真っ暗な中、待ち合わせがうまくいかなかったら危険だなと思いながら、オーナーさんが家の前で待ってくれていることを祈りました。

すると、なんとぴったり9時に家の前に到着して、オーナーさんがタクシーに歩み寄ってきてくれました。

安心したこと!

 

オーナーさんは、とても感じの良い人で、Wi-Fiが入らなくて連絡できなかったことを謝ると、さらっとノープロブレムと言ってくれて、ニコニコ案内してくれました。

 

タクシーで寝てしまった2人を起こして、部屋について行くと、なんだか3人で使うのは申し訳ないような、広いアパートメントでした。

 

とにかく疲れた!寝るぞ!と思ったのは私だけで、子ども達が「お腹が空いた」と言い出しました。

確かに、長時間のフライトと乗り換えで、時差が15時間もあるので、知らない内に何食か抜けている気がします。

機内食で残して持ってきた小さなパンを食べても子ども達のお腹はもちろん満足できませんが、仕方ありません。

 

それで無理やり寝ることにしましたが、ほんの4時間ほどで全員起きてしまいました。

 

お腹が空いているけど、夜中の3時半に買い出しに行くこともできません。

飛行機でもらった甘いビスケットと、石垣島で買ってきた一袋のお菓子を3人で食べて、あったかい即席の梅醤番茶を飲みました。

 

子ども達は、暗い中でも、なかなか楽しそうに遊んでいました。

 

 

広告を非表示にする