読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャンティに3人旅

シャンティとちびっ子2人の旅日記です。

メキシコシティのメトロに乗る

12月10日

 

アパートメントを出発してから、あちこちに寄り道した上に、駅にたどり着くまで迷いました。

同じ名前のメトロバスの乗り場の入口で「メトロの駅はあっちの地下」という感じだけ聞き取って、迷いながらも親切で的確なメキシコ人達に何度も助けてもらいました。

 

TAPOと呼ばれるバスターミナルがあるSan Lazaro駅へ。

 

チケットを買って改札に入れたら、チケットが出てこないのですが、誰も何も言っていないのでそれで良いのでしょう。

出口でチケットが必要だったら、どうしようかと思いながら、必要ありませんようにと祈りました。

 

ホームに入ったものの、目的の方角に向かう電車がここに来るのかどうかを確認できる表示が一切ありません。

近くに居た男性にSan Lazaroと書いた紙を見せて、こっちと向かいのホームを交互に指差して「あっち?こっちでよいの?」と聞きました。

その人は、こっちで良いはずのようなことを言いながら、さらに近くに居た男性に確認してくれました。

安心してそこにやってきた電車に乗ろうとしたら、満員です。

とても、この大き過ぎるバックパックとちびっ子2人では乗り込めず、次の電車を待つことにしました。

すると、さっき確認してくれた相手の男性が来て、大きく腕を振って「あっち!」と教えてくれました。

きっと、あっちは乗りやすい車両が来るんだなと理解して教えてもらった方向の端まで行きました。

次の電車が来て見ると、さっきの満員電車は何だったのかと思うほど空いていました。

 

喜んで乗り込みましたが、停車する度に人は増えてきました。

人間観察をしていると、女性の格好をしたおじさんが2人居ました。「せっかくなら、もっと女性らしさアピールする服にいったらいいのになぁ。」なんて思いながら、メキシコの女性はどんな服を着ているのかなと見ていると、なんとほとんど全員の乗客が女性でした。

その時まで気づかなかった自分にもびっくりしましたが、こんな気の利いた制度があることに感動の驚きでした。

そして、その車両に案内してくれた、あの駅の男性の気遣いに改めて感謝しました。

 

 メトロには物売りの人がちょこちょこ乗り込んで、大きな声で売り込み文句を唱えます。

 

電池を売りに来た人、なにやらお菓子のようなものを売りに来た人、スピーカーで音楽を流しながら歌を歌う人など。

 

警察のグループも乗ってはすぐに降りて行きました。治安維持のために、警察が行ったり来たりしているそうです。

 

さて、出口の改札でのチケットの問題ですが、回転式の出口を難なくクリアしました。

よかったー。

 

その記事は次で。